Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C2341]

最後に残った子ってちょっと特別な情がわきますね^^
分かっているんだけどやっぱり別れは寂しいです
けどうーちゃんが幸せ掴んだので本当に嬉しいなー♪
  • 2012-11-14 13:27
  • にゃんずぱぱち
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T2] まとめ【続・キジレンジャー物】

キジレンジャー1号・2号に続き、3号(うーちゃん)にも旅立ちの時が来た。そう。別れはいつも突然で、
トラックバック URL
http://ninjiyanekosasuke.blog69.fc2.com/tb.php/549-1cfaf841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

続・キジレンジャー物語…。

キジレンジャー1号・2号に続き、
3号(うーちゃん)にも旅立ちの時が来た。

そう。
別れはいつも突然で、切ない←うるうる

先日の譲渡会でうーちゃんにお申し込みがあったものの…
お届けまでに10日くらいかかるんでしょ? まだまだたくさんで遊べるんだもんね〜、みたいに、余裕かましておりました。

↓旅立ちの日の朝。
うーちゃん、ふところからおはよう。
IMG_4884.jpg


したらば、今日ですって!?
IMG_4888.jpg

別れをたっぷり惜しむ間もなく…
朝から仕事で、あっという間に夜。
ちょっと時間押しちゃったものだから、お届け時間に間に合うように道すがら…走る、走る、走る。

自転車を漕ぎ…信号のところで
ちょっとだけ鳴いたうーちゃんをあやして涙。
IMG_4895.jpg

えーん、連れて行きたくないよー!

真のご家族のところがいいに決まってるけど、切ないよー!

たくさんの兄弟の中で残された最後の子を送る時、いつも切なくて、哀しい。

マダラちゃんもそうだった(3兄弟で残った最後の子)。
しょぼにゃもそうだった(3義兄弟で残った最後の子)。
そしてうーちゃんもそうなの(ぶーふーうーの最後の子)。

残った子には特別に思い入れができてしまうものなのよー。

しかし、それが預かりの運命。
ここがゴール。

これから先の物語は真のご家族と本猫が描いていくものなのだ。
うぇ〜ん。ちくしょ〜。てやんでぃ!

そんなことを思いながら、現場へ到着。


おお〜立派なキャットタワー(忍者屋敷には無い)
おお〜ま新しいケージ!(忍者屋敷のは佐助のお下がり)

そして、冷え込んだこの日
うーちゃんを迎えるために、お部屋をガンガンに暖かくして待っていてくれた、真のご家族。

そして…当猫。
いきなりウッキ♪ ウキ♪
IMG_4904.jpg

タワーの上を行ったり、来たり。
IMG_4918.jpg

真のママに抱っこされて、すぐに喉をぐるぐるさせていた。
それを見てちゃちゅけ…へなへなとそこへ座り込む。

なんだ…やっぱり、真のママとパパがいいのね。

そーですか、そーですか。
ええ、しょせんちゃちゅけは…
しがない乳母でやんす。

さよなら、うーちゃん。
全然心配してないけど、幸せになるんだよ。
いや、本当に心配してないけどさ、

…わたしのことは、ちょっと心配してくれてもいいんじゃないかな?
名残おしいふりするとか…
したふりでいいからさ…。

と、念じるも空しく…幸せそうなうーちゃん。

ちゃちゅけのセンチメンタルなお届けは、ものの15分で終了。ちーん。

うー:ちゃちゅけ殿、大義であった。
   あとのことは心配いらにゅにょ。
DSC_0013.jpg

御意。




ひとりと一匹サバイバーズ。
どうやら今日も生きてる。

にほんブログ村 猫ブログへ


ちゃちゅけからのお知らせ

『CREA Cat』(文藝春秋)2012年冬号に、ちゃちゅけがお手伝いしている団体の代表さんのインタビューや他の預かりさんの紹介が掲載されています。書店で見かけたら、ぜひ買ってくださいね
DSC_0031.jpg


ボランティア活動についても詳しく書かれているので、ご興味ある方は必読。

ちゃちゅけのコメントも小さく入れてもらっていますYO


スポンサーサイト

コメント

[C2341]

最後に残った子ってちょっと特別な情がわきますね^^
分かっているんだけどやっぱり別れは寂しいです
けどうーちゃんが幸せ掴んだので本当に嬉しいなー♪
  • 2012-11-14 13:27
  • にゃんずぱぱち
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T2] まとめ【続・キジレンジャー物】

キジレンジャー1号・2号に続き、3号(うーちゃん)にも旅立ちの時が来た。そう。別れはいつも突然で、
トラックバック URL
http://ninjiyanekosasuke.blog69.fc2.com/tb.php/549-1cfaf841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

Ninjiyaneko

Author:Ninjiyaneko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。